Pellestar

HOME > ペレスターな日々 > 基礎知識 > ペレットストーブとは

Basic Infomation

ペレットストーブとは

ペレットストーブは、木質ペレットという圧縮した木を燃料とする暖房機器です。

環境にやさしい
石炭や灯油、ガスなどの化石燃料を燃焼させると、地球温暖化の原因となる大気中のCO2を増やしてしまいます。ペレットストーブの燃焼により排出されるCO2は、ペレットの原料となる木が成長した時に光合成により吸収されたものなので、大気中のCO2を増やしません。

炎を眺められる
ペレットストーブ最大の魅力は、暖炉や薪ストーブのように、本物の炎を眺めながら暖まることができることです。PelleStarはインテリア性の高い、クラシックタイプの薪ストーブのような形をしています。自然に家族が集まるリビングルーム、炎を眺めながら食事やコーヒーを愉しむレストランやカフェなどに最適です。

輻射熱で暖める
PelleStarの外装は、薪ストーブにも使用されている「鋳物」でできています。この鋳物が温まることにより、体の芯から温まる心地よい輻射熱を出します。燃焼室内には保温性の高いバーミキュライトを使用しています。ペレットの熱を効率よく暖房に活かすための知恵が詰まっています。

部屋の空気を汚さない
PelleStarは鋳物の輻射熱とは別に温風も出します。風の強さはダイヤルで無段階に調整できます。温風により速くお部屋を暖めることができます。この温風は室内から取り込んだ空気を熱交換したものなので、石油ストーブのように一酸化炭素や、結露の元となる水分を含みません。

自動点火でタイマー点火も可能
PelleStarは自動点火タイプのペレットストーブ です。「ON」スイッチを押すと自動的にペレットが供給され、熱と空気の流れにより炎が生まれます。また、タイマーで点火させることもできます。

自動供給や火力調整が可能
燃料が粒状なので、固体燃料でありながら、液体燃料や気体燃料と同じように「自動供給」が可能です。また、「UP/DOWN」ボタンを押してペレットの供給量を増減させて火力を調整したり、「OFF」ボタンを押して供給を止めて消火させることができます。

優れた安全性
PelleStarは様々なセンサーによって本体や排気の温度、空気の流れを監視しています。温度が高くなったら温風を最大にして温度を下げます。不完全燃焼や地震などを感知すると、ペレットの供給を止め安全に停止させます。

壁の耐熱施工は不要
薪ストーブは本体や煙突が高温になるため、壁にレンガを組むなどの耐熱施工が必要です。PelleStarは本体後部が燃料タンクになっているため、燃焼中でも後部が高温にはなりません。壁の耐熱施工は不要です。
※施工については地域の火災予防条例、建築基準法をよく確認し、遵守してください。

屋根を抜く煙突は不要
ペレットストーブは排気を屋外に排出する必要があります。薪ストーブの場合、暖かい空気が自然に上昇する「ドラフト効果」が必要なので、屋根より上まで伸ばした煙突が必要ですが、PelleStarの場合、排気ファンにより強制的に排気するので、屋根を抜く必要はありません。通常は排気筒を設置し、壁を抜いて屋外に排気します。
※設置場所によっては、屋根を抜きを推奨することがあります。

あなたにオススメの記事

More Infomation