PelleStarカタログ (PDF)
PelleStarカタログ(PDF)



ペレスター facebook
ペレスターの最新情報、展示会情報、全国の販売店の施工例を紹介しています。
facebookを利用されてない方もご覧になれます。

木質ペレットとは

木質ペレット

直径6mm〜9mm、長さ10mm〜25mmの円筒形の燃料です。原料の部位によってホワイト(幹)、バーク(皮)、全木(幹皮混合)があります。主に間伐材を粉砕し乾燥させ圧縮します。木の成分ニグリンにより結合しますので、合成化学料を一切使用していません。

 

※画像をタップまたはクリックすると大きくできます。(以下、同様です)

 

間伐材の有効利用

間伐材

原料の間伐材は日本の山林で育った木です。森林の成長とともに木が密集するのを防ぐため、木を間引きます。この作業で発生する木材が間伐材です。

 

人工林のスギの場合、間伐材は10cm〜20cmの太さであり、建築用途の材料などには向かない木材です。間伐材は、ガードレールや道路標識の支柱として使われることがありますが、全ての間伐材を使用できるわけではありません。

 

そこで、間伐材を新たなエネルギー資源として再利用するのが木質ペレットです。木質ペレットでは大部分の間伐材を利用することができます。間伐材の有効利用が進めば日本の林業の活性化を一層促すこともできます。

 

カーボンニュートラル

カーボンニュートラル

木は、光合成により空気中の二酸化炭素から有機化合物を作り、成長していきます。

 

このため、木が原料である木質ペレットを燃やして二酸化炭素を発生させても、もともと大気中に存在していた二酸化炭素が大気に戻るだけであり、大気中の二酸化炭素総量の増減には影響を与えません。

 

この関係は「カーボンニュートラル」(炭素循環量に対して中立)と呼ばれています。木質ペレットは環境にやさしいバイオマスエネルギーなのです。

 

欧米の木質ペレット燃料

ヨーロッパでは木質ペレットは灯油、天然ガス、および電気に並ぶエネルギーの一つとして認知されつつあります。また、木質ペレットは低価格と環境に優しい点においても注目を集めています。

cost.jpg

※1:オーストリアとドイツでは、灯油価格は上昇中です。
※2:1ユーロ=104.22円(2000年1月)で換算
※3:日本での価格は2005年2月時点で、以下の資料とおり
  灯油:石油情報センターより973円/18L
  天然ガス:山口合同ガスの都市ガス基準単位料 0〜24L 231.2415円/L
  電力:中国電力の従来電灯A 15kwh超過120kwhまで 18.7635円
  ペレット:35円/kg(欧米平均価格) 発熱量 18.8mj/kg
  資料:WoodPellets in Europe,2000

 

化石燃料は変動があり、今後価格は上昇していく傾向です。しかし、ペレット燃料はほぼ安定した価格で 1kgあたり40〜50円位です。発熱量1000kcalあたりでは、ペレット燃料を42円/kgとすると、灯油約74円/Lで同等の価格です。2010年現在では灯油約80円/L位のため、ペレット燃料の方がコスト的に優れていると言えるでしょう。

woodpellets.jpg